和服の招き猫

 就職した年に新京極で見つけて一目惚れした招き猫です。陶器でできています。特に猫好きというわけでありません。以前、それまで長く住んでいた古い古い下宿からフローリングのアパートに引っ越した時に猫好きな人に譲ろうと職場に持って行ったのですが、「気持ちわるーい!」と言われ、連れて帰りました。万人に愛される容貌でないとわかると、以前より愛着がわいたような…。そんなわけで今も我が家の玄関を居場所にして、「おいで、おいで」をしております。

 

小さな最新作に戻る