1 2 3 4 5
6 7 8 9 10

ダシャヴァターラ(ヴィシュヌ神の10の化身)

世の中が乱れた時に、ヒンドゥーの神の一人であるヴィシュヌ神が、動物や人間に姿を変えてこの世にあらわれ解決するという話です。いろいろな説がありますが、インド古典舞踊の演目「ダシャヴァターラ」にそって描きました。

1.マツヤ(魚の化身)2.クールマ(亀の化身)3.ヴァラーハ(猪の化身)4.ナラシンハ(獅子の顔を持つ人の化身)5.ヴァーマナ(矮人の化身)6.パラシュ・ラーマ(斧を持つラーマの化身)7.ラーマ王子(「ラーマーヤナ」物語のラーマ王子の化身)8.バララーマ(クリシュナの兄の化身)9.仏陀(仏教がヒンドゥー教にとりこまれています)10.カルキの化身(カルキはまだ現れていないとされていますので、カルキの馬と剣のみ描いています)

それぞれの作品は栞(ブックマーク)になるようにデザインしました。

 

小さな最新作に戻る