KISS
ナヤック氏の家族
祈り
姉妹
村の娘
横笛
ダンス
天女
 2002年の元旦をインドのコナラクという村で迎えました。有名なスーリヤ寺院以外には、何もないのどかなところです。ずっと憧れていたスーリヤ寺院はほんとうに素晴らしかったのですが、もっと強く思い出に残っているのは、夕方に村の中を散歩したときのことです。
  初めてみたインドの村の美しさにぼーっとなりながらも、ここは観光気分で来るところじゃあない、申し訳ないという思いがありました。すみません通して下さいねという気持ちで、出会う女の人たち(洗濯したり、家のことをしているのです)に「ナマステ」と小さな声でいうと、にっこり笑い返してくれました。
  そのあとで、ナヤックさんというこの村に住んでスーリヤ寺院のガイドをしている男の人に声をかけられ、家に呼んでいただいて、奥さんにおいしいチャイを淹れてもらいました。私がお礼にできたのは、撮ったご家族の写真を送ることと、一曲だけ知っていたこの地方の言葉「オリヤ語」の歌を歌うことだけでした。この地方の神様ジャガンナート神を讃える歌です。
  帰ってからその日の雰囲気を思いだしながら、これらを描きました。